壊れてしまった弁護士たち

若手弁護士に実際に起きた出来事を、個人を特定できないように相応のフィクションを交えながら紹介していきます。

カテゴリ: #2 依頼者に追いかけ回されて

 乙弁護士は、ボス一人、イソ弁一人の事務所に入所した。事務所は、一般民事を中心とする事務所で、法律事務所としては、平均的といえる。事件処理の方法としては、ボスの依頼者を、各々のイソ弁に担当させ、処理内容について、適宜ボスの判断を仰ぐ、というものであった。イソ弁としては、一々ボスを介さずに、直接依頼者と相談をして、事件処理ができるため、トレーニングとしては、ある意味最適の環境といえた。しかも、担当が、事件毎ではなく、依頼者毎のため、乙弁護士は、事件を処理するたびに、依頼者との信頼関係も徐々に築かれていくことを実感していた。
 ある日、ボスから、新しい依頼者の事件処理を委ねられた。ボスの知人からの紹介とのことで、初回は、乙弁護士は、ボスと同席して、話を聞いた。来所した人は、ある社団法人の理事(A)で、事件内容は、その法人の内部に係わる問題であった。いろいろと込み入った部分もあったが、結論としては、ある理事(B)を不適格として解任したいとのことであった。ボスは、次回以降は、乙弁護士と直接話をしながら事件処理をしてほしいと、Aに伝え、Aも了承した。関係書類を準備してもらい、乙弁護士が内容を目に通したところで、次回の打ち合わせをすることとした。乙弁護士は、その日の打ち合わせでは、Aは若干、声は大きいが、紳士的な態度の依頼者という感じを受けていた。
 翌日、Aから、段ボール5箱の資料が届いた。一つの箱は、登記簿謄本、定款、議事録、決算書など、その法人の関係資料であったが、残り4箱は、Bの行状について、法人設立以来の問題が事細かに書いてあり、しかも、それに対して、自分がどれだけ憤っているかが、これも事細かに書いてあった。乙弁護士は、ある種異様な書類に、寒気を覚えた。そして、記録が届いたのを見越したように、Aから電話がかかってきた。開口一番「先生読んでいただけましたか。」という問いかけに、乙弁護士は、「今届いたばかりで、ざっと目を通しただけです。」と答えると、「いつ読み終わりますか。」とせっつかれ、思わず、「明日朝まで。」と答えてしまった。「では、明日朝一番で打ち合わせお願いします。」と言って、電話が切られた。(続)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 読み始めると、Bがいつどこで何をした、これは人間としていかがなものか、ということが、設立以来、十数年に渡って、書かれていた。犯罪事実を伺わせる内容もあったが、電車で席を譲らないなどというものもあり、どの事実を問題とするべきであるか、乙弁護士は困ってしまった。手書きだったり、ワープロだったり、綴じ方がおかしかったりで、非常に読みにくかったが、何とか、徹夜で一通り目を通して、打ち合わせに臨んだ。打ち合わせでは、Aはいきなり、「Bは悪いやつとわかりましたか。」と言って、過去の行状を一つ一つ説明を始めようとした。すべて説明しだしたら、何日かかるかわからないので、乙弁護士が、「記録は読みましたので、手続の打ち合わせをしましょう。」と言うと、「本当に読んだのか。」と、Aは、乙弁護士に対し、いくつかの内容の確認を始めた。当然、うろ覚えのため、中途半端に答えると、「やっぱり読んでいない。」と叱責され、結局、半日かけて、大半の説明を受けることとなった。
 Aの説明が終わったところで、乙弁護士は、犯罪事実を伺わせる内容は解任の理由になるかもしれないが、それ以外は難しいと伝えると、「先生は、Bがどんなに悪いやつか理解していない。」と説教され、また、Bがどれだけ悪いかを説明を受けることとなった。
 乙弁護士は、これ以上の打ち合わせは難しいと考え、「もう一度じっくり読ませてください。」とAに伝えた。その間に、事件処理の方針をボスと相談しようとした。すると、また、「いつまで」と聞かれたので、今度は、「二日ください。」と言った。「では、三日目の朝一番で。」と言われたが、その日は、午前中裁判が入っていたので、「午後で。」と言うと、「私の問題とその裁判とどちらが重要なのか。」などと、口角泡を飛ばし、騒ぎ出したが、何とか頼み込んで、午後となった。
 その間に、ボスと相談したが、書類をよく読んで、Aとよく打ち合わせをしなさいとのアドバイスだけであった。仕方なく、一つ一つの内容を時系列にまとめ、事実の部分と意見の部分とを分けて、一覧表にし、さらに証拠の有無を備考欄に記載したものを作成した。二日間、これ以外の仕事はできず、Aとの打ち合わせを迎えることとなった。(続)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 一覧表を見せると、Aは、「今度はきちんと読んだみたいですね。」と一応、評価はしてくれたみたいだったが、証拠の有無の欄を見た途端、「証拠がないとは、どういうことか。」と、目を三角にして怒り出した。乙弁護士は、「Bがいつどこで何をしたかについて、どのような調査をして、どうしてそのことが分かったかの客観的な証拠が必要です。」と説明をすると、「私が言うことが信用できないのか。」と言い出し、また、3時間に渡って、Bがいかに悪いかを、乙弁護士に説明し続けた。その間、乙弁護士が、「裁判には証拠が必要ですから。」と言うと、その度に、「私が言うことが信用できないのか。」の一点張りで、全く取り合ってくれなかった。結局、Aの陳述書のみで、手続を始めることとし、乙弁護士が、Aに、陳述書を作成を依頼すると、「先生の方で、うまくまとめてください。」と言い出した。乙弁護士としては、うまく作らないと、またまた罵詈雑言を浴びるのが嫌なので、作成を再度お願いしたが、「裁判用の文書は書けない。」とか、「先生は専門だから。」などと言を左右し、結局、乙弁護士が作ることとなった。
 乙弁護士としては、中途半端にまとめたり、内容を付加したりすると、Aに何を言われるか分からないと考え、時期が前後していることは時系列にした上で、それ以外は、原文通りに、陳述書を作成し、Aに確認のため、陳述書を送った。概ね300ページを超えるものとなった。Aからは、届いたと思われるその日のうちに連絡があり、「先生、この通りでいいです。大変よくできています。署名押印して、すぐ送り返すので、明日、裁判を起こしてください。」とやけに上機嫌な電話が来た。
 乙弁護士としては、この内容で裁判を起こすことには、相当の不安があったが、ボスに相談すると、「本人の納得の問題もあるから、起こしなさい。」と軽く言われてしまった。ボスが言うなら仕方がないとして、簡単な訴状を作成して、裁判を提起した。乙弁護士としては、陳述書の内容をすべて網羅すると、膨大なページ数となるため、理事としての適格に問題がある程度の記載の極めて簡略化したものを作成した。(続)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 乙弁護士が、裁判を起こした報告と訴状を、Aに送ったところ、早速連絡があり、「何故、訴状に、きちんと内容を書かないのか。」という文句が入った。次に、乙弁護士は、準備書面で提出すれば良いと弁解をしたが、「すぐ出せ。」「すぐ出せ。」と強弁し、乙弁護士は、追加の書類を出すこととなった。陳述書があったので、当事者を、原告と被告とに変換して、ですます調をである調に直す作業であったが、相当時間がかかった。何とか翌日までに仕上げた。乙弁護士は後で文句を言われるのが嫌なので、できた段階で、Aに内容の確認を求めた。Aはまたすぐ連絡をしてきて、「こんなにすぐできるのであれば、最初からそうすれば良いではないか、先生は手抜きをした。」と文句を言われたが、内容は了承してくれた。
 第1回口頭弁論期日に、Bから、詳細な反論がなされ、すべて事実無根であるとして、個々の事実について、反証が提出された。裁判長から、「原告も陳述書以外の証拠を提出してください。」と釈明され、次回期日までに準備することとなった。直ちに、Aに連絡を取り、被告提出の答弁書と証拠を検討することとなった。さらに、次回期日までの間に、被告から不当訴訟を理由として、反訴が提起された。数日後、Aから段ボールが1箱届いた。中身は、ただただ、Bが嘘つきであると書いた陳述書のようなものであった。乙弁護士が連絡を取ると、その陳述書がすべてであるということで、直ちに提出してほしいとのことであった。いつもより、トーンダウンしている言い方が気にはなったが、また、何か言われると嫌なので、そのまま提出した。他に証拠はないのかと確認すると、ないと言われた。
 第2回口頭弁論期日で、裁判長から、「他に証拠はないですか。」と確認され、乙弁護士は、「ありません。」と答えてしまった。すると、裁判長から、「原告において、訴訟を維持されるのかを次回まで検討してきてください。」と言われてしまった。乙弁護士は、裁判長の言葉から、敗色濃厚なことを感じ取り、Aを呼び出して、打ち合わせをすることにした。Aに連絡を取ると、「忙しいから。」と言って、次回期日までに打ち合わせをすることができなかった。やむを得ず、打ち合わせができない事を理由に、別の期日を入れてもらったが、その日までも、打ち合わせをキャンセルされ、打ち合わせができなかった。(続)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

 無駄な期日が数回に渡り、裁判長からは、暗に、意味のない引き延ばしをしないように嫌みを言われ、被告代理人からは、白い目で見られるなど、乙弁護士は、散々な思いで、法廷に出頭していた。次回期日までに回答がない場合は、訴訟を打ち切りますという裁判長の話を伝えたところ、ようやく、Aが事務所に打ち合わせに来た。
 乙弁護士は、これまでの経緯や敗色濃厚なことを伝え、逆に、反訴が被告の勝訴で終わる可能性を伝えた。黙って聞いていたAは、おもむろに口を開くと、「何故、先生は裁判を起こしたのですか。」と聞いてきた。「それは、あなたが裁判を起こしてほしいと言ったからです。」と答えると、「裁判を起こすと言うことは勝つ見込みがあったからでしょう。」と言い返してきた。「証拠が他にないかは確認したでしょう。」と反論すると、「私の陳述書で勝てると思ったから裁判を起こしたのでしょう。」と言い返してきた。確かに、乙弁護士は、裁判に証拠が必要なことは伝えていたが、勝訴の見込みの点ははっきりと伝えていなかった。さらに畳み掛けるように、「陳述書を作ったのは専門家である先生で、私ではない。先生は勝てると思ったから、あの陳述書を出したのでしょう。」などと言ってきた。その上、「もし負けたら、先生の責任だから。先生が払ってください。」とまで言い出した。この当たりから、発言が前のようにきつくなり、専門家なら、負けるときは裁判で負けるとはっきり言うべきであるとか、私を騙して着手金を取ったのか、など、誹謗中傷を浴びせかけてきた。乙弁護士としては、逐一反論しようとしたが、散々罵られた上、「負けたら承知しないぞ。」と捨て台詞を吐いて、Aは帰って行った。
 それから、連日のように、おまえが悪い、裁判に勝て、という電話が入り、居留守を使うと、10分後には事務所に来て、居留守を使うな、と文句を言うようになった。乙弁護士は、何とかしようと思ったが、万策がつきていた。
 ある日、乙弁護士は、寝坊をした。既に昼近い時間で、携帯電話には事務所から何回か連絡が入っていた。多分、Aのことだなと思ったが、そのままにして、また、眠ってしまった。それ以来、部屋からは出ていない。 (完)
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ